<< kindleに興味ある人はぜひ サウンドクリエイターの忘年会2... >>

人間の業を肯定するのがゲーム・スポーツ・お祭りなんです。びっくりした?

犬飼です。

先日の僕のブログ
「教壇と勉強机は地続きだった。びっくりした?」
の続きです。

身体を特定不能の無記名な情報交換の話ではなく
物質空間で起こっていることを犬飼の五感で捕らえた現状報告をします。

先日、学校を代表する先生方と飯田さんがお話をする場を持ち、僕も同席させていただきました。現状を共有し授業を再開しようという方向で話がまとまりました。
もう一方で、学生達も勇気をだして学校組織に相談に行ったり様々な活動が行われたと聞きました。
この1週間で、学校組織、先生、学生という当事者3者でのコミュニケーションが始まったのです。

まだ名前をつけられないるのですが、全員が同じような抽象的な敵を認識しているということは共有できたと思います。

その流れの中
本日飯田さんは、工芸大学に行って先生方、学生とお話をしました。(僕も引き続き同席)
飯田さんも先生方も学生たちも全員緊張した様子でした。
そして、この緊張をほぐしあうコミュニケーションがとられました。

授業は引き続き行うことになり、もうあと4回ほど残されている講義の中で「ビデオゲームとは人間の業を肯定するものである」ということを伝え、最後はこれを実感する実習としてゲーム大会(eスポーツ大会)をやろうとういう話になりました。

「ビデオゲームとは人間の業を肯定するものである」
これは落語家の立川談志さんが落語とは何かとの問いに
明確にこたえた名言「落語とは人間の業を肯定する芸である」を
僕が無許可にゲームに当てはめたものです。

「ゲーム(勝負)とは人間の業」であり
「ビデオゲームを作ることは人間の業を肯定する芸」であり
「ビデオゲーム(作ったりプレイしたりすること)とは人間の業を肯定するものである」ということです。

そしてスポーツもまた人間の業を肯定するために行われた「お祭り」を発端にするものです。

人間生きているといろいろあります。
感情や眠たさを制御できないこともあると思います。
ですがそんな人間の業をみんなで肯定するたのしいお祭りにしたいと思います。

残念ながらこのお祭り講義には東京工芸大学の学生しか参加できません。
そうでない方々すいません。
また別の機会に別のお祭りをやりましょう。。
飯田さんが中心になって企画しているでっかいお祭りも準備中です。

帰りのバスの中、飯田さんは疲れて眠てました。めづらしい。
まだこのブログにもTwitterにも復帰しないつもりなんでしょうかねえ。
早く復帰してくださいよ。たのみますよ・・・・。僕も寝ますよ・・・パックマンの夢見ます。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-11-21 04:45 | 犬飼博士・記 | Comments(1)

Commented by at 2009-11-22 13:59 x
別のお祭りあたりで、
・動画として鑑賞されているような距離感が、何故つらいのか?
・何故挫けたのか?
・何故ゲストに対してそりゃないだろと思ったのか?
・学生が無関心だと何故心が折れるのか?
を分析して語って頂けると有難いです。心理学的な意味で。

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE/ ARANGED by POLYGON INUKAI