<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 


「エイリアン対プレデター」

プレデターの勝ちでした。
観てない人、ごめん!

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:18 | Comments(28)


レクター博士

『羊たちの沈黙』シリーズに登場する殺人博士。
『ハンニバル』では様々な芸術品に終始、陶酔していたので、ウットリおじさんと呼びたくなったけど、食うもんは食っていたので、さすが、ですよね。

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:17 | Comments(33)


実験人形ダミー・オスカー

原作、小池一夫。作画、叶精作。超絶テクニックを持つ人形師の活躍を描いたセクシー巨編。『ゴルゴ13』に並ぶラーメン屋コミックス(なぜかラーメン屋に全巻揃ってる)。オレは学生時代、あるラーメン屋で全巻読破したのだが、とても不味い店だったので後年その無理が祟り…。

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:17 | Comments(35)


クローネンバーグ的

a0016659_1465929.jpg
『裸のランチ』までだね! という向きが多いのはわかるが、最近のも案外いいっすよ。『イグジステンズ』なんてビデオゲームの話だし。脊髄に直接差し込むゲームハードや、グチャグチャの肉塊血まみれコントローラーや、骨鉄砲などの造形物がなかなかキモくてキモティエエ。まぁ、『ビデオドローム』と比べてどうよ? と問いつめられると返答に困ってしまうのも事実ではある。

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:16 | Comments(6)


「もうそういうゲームあるよ……きっと」

名刺サイズのゲームボーイは総天然色で、ポケモンキッズがワイヤレス通信しちゃう時代になっても『プリンセスメーカー』魂は変わりません。『綾波育成計画 』。Win XP版は8800円で発売中です。

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:14 | Comments(3)


1991年

ソ連が消滅し、湾岸戦争が始まり、ヘアヌードが解禁になった年。
ウィンドウズのバージョンはまだ3.0!

弁当箱サイズのゲームボーイはまだ白黒で、みんながテトリス猿になってたプレ「萌え」時代に娘育成ゲームを発明するなんて、スゴイ!

1991年


「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:12 | Comments(0)


「大人のキスできる?」

「めしどこかたのむ」という印象的な言葉で開幕した電車劇場。
こちらは、ヒロインであるエルメスの名セリフだけど・・・、ごめん、オレ、もう飽きちゃったかも!
 (「持ち上げておいて、落とす」、こういう態度、よくないですよね、ほんとすんません。でも、漫画だけで4本。それに舞台に映画にドラマにetc・・・。いくらコンテンツ不足のご時世とはいえ、ごく普通の恋愛譚を徹底的にしゃぶり尽くすメディアのどん欲さは異常、異常性欲)

関連本だけでこんなに・・・。オレも読み過ぎ。そりゃ、飽きるわ。

■封印された『電車男』 ←読んだ。新潮社版には収録されなかったエグめのログが紹介されている。ただ、「封印」ってのは大げさな気が・・・。
■「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション←読んだ。「電車男」はフィクションか? ノンフクションか? 「どっちだっていいじゃない、ネタなんだもの、その地平においてはフィクション/ノンフィクションは等価」って事が書いてあるけど、そりゃその通り。みんなそう思ってるって。
■ありがとう!電車男―50万人が涙した純愛←読んだ。秋葉原、銀座など「電車男」ゆかりの地のグラビア、電車男のメールインタビュー、登場人物の想像イラストなど。ファンブックといった趣。ほりのぶゆきの漫画にワロータ。
■2ちゃんねるぷらす Vol.11←読んだ。「電車男」以外の泣ける話、いい話が満載。
■電車ですぐ座る男はインポになる←読んでない。こういう本こそ読むべきだな。『ゲーム脳』に続け! 『電車脳』!

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:11 | Comments(78)


『家畜人ヤプー』

『ドグラ・マグラ』と双璧をなす2大アブノーマル大河小説。
『ドグラ・マグラ』は映画になったけど、これは・・・。
いや、『デビルマン』が実写映画になったんだから、出来る! 今なら出来る!

実は、石森章太郎のマンガ版が存在します。石森章太郎の洗練された絵(結構、エロい)とクレイジー過ぎるお話がうまく噛み合ってて、いい感じです。江川達也のはいずれ読もうと思っています。読んでる人、感想教えて!

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:10 | Comments(1580)


映画版

a0016659_151463.jpg
自分が深夜放送で見たのはおそらくこれ

おお、増村保造作品じゃないっすか! このジャケットだけでも、かなりキテル感(イッテル感か?)大。馬乗りされてる主人公の表情に注目!
『盲獣』最高です緑魔子の妖艶さ! 『遊び』高度成長期にいまいちノレない日本版シド&ナンシー恋愛逃避行、関根恵子のみずみずしさ!

「ベストセラー本ゲーム化会議:痴人の愛」の脚注です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-14 21:07 | Comments(59)


満員電車で具合が

金曜の夜、中央線高尾行き最終電車で代々木から吉祥寺まで乗車。新宿から朝の田園都市線並の超満員になった。しかも週末だけあって酔っ払い多し。非常に不穏な雰囲気。
東中野あたりから脂汗が出てきて動機が激しくなる。不整脈も。息苦しくて辛い。めまいもあらわれバッドトリップ状態に。顰蹙をかいながらなんとか移動し、窓を開けて外気を吸ったら少しはよくなったが、吉祥寺に着いたころはもう立っていられないほどヘロヘロに。Tシャツも汗でビショビショ。
弱くなったなー。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2005-03-13 22:41 | Comments(36)


SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE/ ARANGED by POLYGON INUKAI