<   2009年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 


公然モホー罪

さぁ、今日で8月が終わりだ!さようなら夏!夏休みが終わる前にあと1日だけ遊んでいってくれ。
今年の夏はまったくどうかしてたぜ。

さて、「すべての芸術は模倣からはじまる」by森の音楽家(おかゆが好きです)という格言をうけてかどうか、
またもや無理な、無理過ぎるプリンなことが!!

贖罪会見は済んでいるのでオレはもう贖わないぞ。つか、オレが贖わことではない。
むしろ訴えたいです!
公然モホー罪だ!

続きはwebで「モゲラ」をググれヤフれ!

(追記)
やっぱurl。みんなも作れ!
http://getnews.jp/archives/27153
http://mogera.jp/

公認だとまたモゲモゲするから公然にした。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-31 16:19 | 飯田和敏・記 | Comments(9)


コンサートの誘い

すっかり秋の気配ですね。今日は嵐のコンサートがありましたよ。小雨の中、嵐の歌声が街中に響いていて、発情した若い♀の方々の歓声がいつまでもビルの谷間にこだましていました。僕は、「嵐で小雨、小雨で嵐」とマントラのように繰り返し唱えていたら、いつのまにか、このブログにやってくるコサメアラシたちのことを考えていました。このところずーっと僕はゴミカス改めコサメアラシのことを考えています。

いくらなんでもゴミカス呼ばわりはひどい! 常識ある大人の言動とはとても思えません。本当に僕が言ったんですか? そんな・・・。絶句です。絶句Zです。本当でしたら、大変申し訳ありませんでした。あ、ログを見たら本当だった! 公共の場で、みなさまが不快になるような言動は慎むように、あの人によく言い聞かせておきますので、どうかご容赦ください。雨の中、ずっとアイスバーをしゃぶりながらコサメアラシの飛ばしてくる電波と対話してたので、靴の中がずぶ濡れです。はやく足を洗って、すっきりしたいと思いながら、さらなるぬかるみを進んでいたりする自分に思わず笑ってしまいました。wwwwwwwwwww。それではまた。ご自害ください。

政権も交代したので、アカデミックと(笑)された文章スタイルから正統ブログ調に改めてみました。いかがでしょうか?やはりあなたはお気には召さないでしょうね。

責任ある大人、立派な社会人。僕の回りにはそんなゴミカス(おっと!失礼)はひとりもおりません。本当にひとりもいない。みんな、どうかしていて、デタラメで、金も稼げぬゴミクズばかりです。最低です。人として優れたところはひとつもございません。女優っていうのは優れた女だと、三上寛が歌っていた。嵐と三上寛が合体したら、アラシミカミカンだ。どんな歌がきこえるでしょうか? おっと! こういうのが煙に巻くってやつですかね。これはまた失礼さんです。

なんでもいいんです。ディシプリン大ヒットおめでとうございます。ありがとうございます。でも、まだぜんぜん満足出来ません。どれだけ私の欲は深いのでしょうか。贖罪してもしきれません。満足出来ません。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-31 00:04 | 飯田和敏・記 | Comments(9)


総括(失敗)・調律への道程

もうそろそろ頃合いだと思う。
余計なレトリックは使わず本音を書く。
総括だ。←失敗
だからオレを罵倒、揶揄している匿名もこれだけはきちんと読んで欲しい。君たちの読解力には一抹の不安があるけれど、がんばれ。
すべてを語るから。だから。がんばって最後まで読め。
 
■今回の炎上のきっかけは、オレがえどふみをゴミカスって称したことにある。それを撤回する気はない。

■ゴミカスの真意なんて興味ない(だから1次情報をあたる必要もない)。邪知であるにもかかわらず、難癖をつけてきたのは彼らだ。オレはそのケンカを買おうと思った。そのケンカ、いくらなんだ? と聞いた。しかし彼らは見積もりすら出してこない。オレの目標は和t解ではない。ただ、ゴミカスの言葉には耳をかたむけたい。それは、なぜか?

■オレとB-TEAMが一緒に作った実況動画作品をきちんと読み取りもせずに(どうせ禄に見てもいないだろ?)、表層だけで感じた気分を覚悟もなく、オレのブログにコメントしてくる匿名もゴミカスだ。えどふみと変わらん。やたらシニカルな態度で自己防御する傾向もゴミカスならではだ。しかし、そんなゴミカスの言葉にも耳をかたむけている。それは、なぜか? 精髄反射する前に最後まで読んでくれ。ガミカス頭を振り絞ってがんばれ。最後まで読め。

■オレはゴミカスたちの一連の行為に対して、こうしてオレのブログで取り扱っている。消耗は甚だしい。当然、ギャラも出ないのに、それは、なぜか?

■理由は、ただひとつ。オレもお前達と同じ、ゴミカスだからだ。すり寄っていると勘違いするな。オレをもっと叩け。もっと叩け。オレが生きていけなくくらいの強度を持った憎しみの言葉を放て。オレの中に巣くっているゴミカスはそれを求めている。I Hate Myself & I Want To Dieだからだ。

■ただ、「ディシプリン」を発売した後のオレは、ただのゴミカスではない。そんなゴミカスなオレに、開発陣をはじめとするスタッフが尽力してくれた。利害関係がまったくないにも係わらず、多くの友人が手を貸してくれた。美しい女たちが、無償の愛を注いでくれている。オレは、ゴミカスの心情を理解出来るにもかかわらず、こうした協力者のおかげで、「ディシプリン」を作り上げることが出来た。そして、産まれ直すことが出来た。

■失礼は承知だがそうした仲間たちだって、心の中にゴミカスがあるのだろう。だから自発的に手伝ってくれたんだ。誰もが贖罪している。

■「ディシプリン」が配信されている。それだけが重要。それが全て。オレが首謀者だ。だから、売名、宣伝というゴミクズたちが唾棄することをやりまくっている。オレだってそんなんしたくない。ギャラは出ないし、オレの中のゴミクズが、そんなことに奔走するオレを笑う。I Hate Myself & I Want To Die 。

■「ディシプリン」のセールスはいまのところ快調である。「誰にも見られてはいけない」ものがヒットしている。しかし、ヒットしたからといっても誰得? 800円のものがヒットしたところで結果は知れている。

■でも、それでもいいんだよ。オレが産まれ直すことが出来た。オレの中に巣喰うゴミクズが少しづつ小さくなっている。

■だから、オレは行くよ。次のステージに。

■まとめる。オレはゴミクズを愛している。そして同時に憎悪もしている。なぜか? 「ディシプリン」はゴミクズのゴミクズによるゴミクズのための作品だから。

■ゴミクズよ、オレを叩け。練炭は用意した。目張りテープもある。縄もある。コメント欄はいつでも開放しておく。オレは本気だ。だからいつでも来い。直接目の前に来たらオレはゴミクズを抱く。愛と憎悪だ。



■ただし、その前にwiiware『ディシプリン*帝国の誕生』は絶対に遊べ。これは、ゴミクズによるゴミクズのためのゴミクズばかりが出るゲームなんだ。


■ここまで言わせておいて、それでも嘲笑しか出来ないゴミカスもいるだろう。それはもはやゴミカスですらない。仮に*と呼ぼう。*は、ここではないどこかの世界で幸せになれれば、いいですね。ただ、オレの人生と交差することはもうない。さようなら。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-30 06:56 | 飯田和敏・記 | Comments(20)


続・調律への道程

結局、わかりあえないかもしれない。
それでもいい。
この対話のようなものをもう少しだけ続けたい。
まるで「ディシプリン」の悪夢的なシナリオが続いていようだ。

ゲームを遊んでくれている人は、このテキストをボーナストラックだと思って楽しんでor苦しんでもらいたい。
Wiiwareの「ディシプリン」も盛り上がってきた。
この後はメールマガジンなどの小さな環境を作り、地下に潜ってより深いところを追求しようと思っている。

オレにとって大事なのは、いま不特定多数の人達から浴びている好意や悪意の数々から何を学ぶかだ。
言葉をオレは選択しない。
すべてを浴びて、晒されて、吸収して、貯めて、観察して、自演して、宣伝して、生きて、生活していく。
時々、調子が悪くなるかもしれない。

それらはすべてゲーム制作の糧になるはず。

戦争は結局、幻で、いまはB-TEAMファンvs飯田和敏って構図だよな。
それは、オレがB-TEAMと一緒に動画を作ったことが起点になっているはず。
大人げないおっさんがB-TEAMと「友達」面してるのが気に入らない。いっそのことキンセンの関係だったら納得出来るが、そこをはぐらかすから、ますます不愉快。
という話でいいかな?(対話の相手が不特定多数だから人によってはずれているかもしれない、その場合、オレの独り言ね)

そんな憶測をする前に「ディシプリン」の実況動画を見て欲しい。
オレもよく観ている。
この映像の中でわいわいとゲームを遊んでいるのは4人+オレだ。
そのゲームはまだ世の中に出ていない新作で、
そして発売前に公開という暴挙をみんなでやらかそうとしている。

その前から、オレはB-TEAMと知り合って、新作ゲーム(「ディシプリン」)について雑談していた。
こんな奇妙なゲームを作ったんだけど、これをどうやってアピール(宣伝とはニュアンスが異なる)したら、
世界が発見してくれると思う? そんな話だ。
ホントに雑談だった。話はあっちにいったりこっちにいったり。

で、誰かがぽつりと「これをみんなで実況すればいいんじゃないか?」と言った。
あ、そーだよね。B-TEAMだもんなー。なんで最初に思いつかないんだろうなー。
そんじゃ、来週オレの家でね! ってことになった。
本当にそんなもんなんだ。現実ってみんなが思うほど複雑ではない。
この話をどうしても信じたくないなら、それでいい。
好きなお話しをでっちあげるのもいいだろう。

実況の日、オレは内心ドキドキだった。
駅で加藤とばったり会った。
ふたりで歩いたけど、何を話したか覚えていない。
すごく年下の加藤が優しい言葉をかけてくれたような気がするが、覚えていない。
それくらい緊張していた。
百戦錬磨、名うての実況プレイヤーが目の前で実況する。
果たしてオレはその圧力に耐えられるのか? 

実況動画に全てが記録されている。
2日かけてエンディングまで一気にプレイし、最後の方はみんなが(オレも)夢中だった。
大長編になった動画をルーツ君が編集し、あとは発売前に公開する。

この一連の行為を通じて、オレたちは友達になったんだと思う。
友達なんてなかなかなれないもんだが、ゲーム実況を一緒にやればなれるんだなと思った。
だからB-TEAMは仲がいい。オレもその輪の中に一時的せよ入れて楽しかった。
その感じは動画の中に溢れている。
逆ギレすると、それ以外のどんな関係性が描かれているというのだ。
あるいは動画の中にしか真実はない、とも言える。本当の事が知りたかったらじっと見たらいい。
そして自分の目に映ったものが本当のことだ。

そして公開した。規約違反と言われ削除を余儀なくされた。引っ越した。ニコ動のルールが変わった。2つのサイトに公開することになった。ゲームが配信された。生放送で贖罪した。炎上した(というほどのものではない)。これがこの一週間の出来事だ。

動画はこんな騒動になる前に収録されたものだ。
この一週間の密度が濃すぎたせいか、あらためて動画を見てみると、ずいぶん昔のことのようだ。B-TEAMとオレのゲームとの戯れはすごく無邪気だ。遠い過去の記憶のように思える。

この感触はホームムービーそのものだ。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-28 21:34 | 飯田和敏・記 | Comments(23)


あたらしいブツが入荷

これは!?
a0016659_15262746.jpg

あー、これが噂のプレスシートだ。いい出来だ。
ローリング内沢さん、草野剛さん、広岡毅さんの3人あわせてLEVEL1が作ってくれました。
最高です。
最高過ぎたので当初は予定になかったけど、紙に印刷しちゃった。

ブツだ。ブツの迫力ははんぱねぇ・・・。

こんな最高のブツをただで差し上げるわけにはいかない。イノチと引き替えだ。
でも差し上げたい。

とりあえず914のwiiware the worldに来てくれた人には見せてあげる。
差し上げるかどうかはどうかしてるかどうか次第だ。

あと、CEDECに出るんで、そこでも差し上げるかどうかはどうかしてるかどうか次第です。
http://cedec.cesa.or.jp/oshigoto/contents/schedule_02.html

オレがいくからオマエがいけ。

***
『Wiiware the world』

テレビゲームのダウンロード販売に可能性を見出して、実際に作ってみたらどうだったのか? 
現状は? そして、そこにはテレビゲームの未来があったのか? 実作者が集まっての公開討論、その他。すべてはネットで完結する。だからこそ集う意味がある。Wiiware the world。

【出演】飯田和敏、はちみつ☆プリン、OL24→OL23ほか(タッキー、Lucも出るかもだ。かもというのはまだわからないということなのであせるなキケン)

OPEN18:30 / START19:30
前売¥1,000/当日¥1,300(共に飲食代別)

※前売券はロフトA電話予約のみで8/20(木)17:00より受付開始。
※お一人様2枚まで予約可能です。
※前売り料金のほかに1オーダーが必要となります。

【電話予約・お問合せ】阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-28 15:25 | 飯田和敏・記 | Comments(1)


オレ的まとめ!

「ディシプリン」の配信が開始され、遊んでくれている人たちは、この一連の騒ぎに辟易としているかもしれない。でも、これももうひとつの「ディシプリン」なのだ。そういう話。

1・えどふみさんが、僕とB-TEAMが作った「ディシプリン」実況動画に対してラジオでコメントした(らしい)。

2・その内容が、間違った思いこみに基づいたものだった(らしい)。一方的な思いこみで憶測を流布するのはダメ!ゼッタイ! とオレが思った(事実)。えどふみさんは「王様物語」(9月に出るマーベラス渾身の作だ!)の映像制作をしているようだし(事実)。出版社である幻冬舎を広告代理店と勘違いしているようだし(らしい)、めんどくさいことにならないように、めんどくさいことをしなくちゃいけないと思った(事実)。

3・えどふみさんにメールして、返事を待った。

4・Revinさんに案内してもらい、現場(?)で意見交換をした。

5・僕が思っていた以上に事態は複雑で、様々な意見が飛び交っていた。歓迎もされたが、「もうB-TEAMとは絡まないでくれ!」「おっさんは出て行け」「うざい」「しね」などとも。

6・さっき、えどふみさんから連絡が欲しいと返信がきた。まだ返事はしていない。←いまここ

***
「ディシプリン」はルールを強制する者とされる者の境界を描いた作品だ。オレはこれをゲームとして発表したわけだが、その問題提起はゲーム業界やネットの世界に対してではなく、社会(この言葉もあいまいだけど)に向けてのものだった。
そこへ届く前に、すでに様々な軋轢を引き起こしている。←いまここ

これはゲームが描いた世界をそのままトレースしているようにも思える。←いまここ

もう発売されたから言うけど、「ディシプリン」は言葉を集めていくゲームだ。人間が放つ悪意の言葉。ネガティブなものではあるが、そこには何らかの力が宿っている。主人公たちはそれを集め、「再生」へと転化する。
このゲームでの行為を、ネットを通じて、いま僕ら(?)は実践している(の、かもしれない)。欲張りですまんね(贖罪済み)。

これによって、僕を含めて傷つく人もいると思う。世界にはそういう残酷さがある(贖罪済み)。←いまここ
しかし、その残酷をオレたち(?)の力でひっくり返すことが最大のゲームなんだ(本気)。

ひっくり返したら、どうなるのかはわからない。もっと傷が深くなるかもしれない。
「ディシプリン」のように「再生」することを願って、僕はこのゲームに参加している(本気)。←いまここ

あとね、開発者「必死だなw」ってよく揶揄されるけど、開発者は必死ですよ!
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-28 14:51 | 飯田和敏・記 | Comments(11)


昨日もらったコメントについて

脊髄反射させてもらいます。
揚げ足取りみたいなっちゃたら、ごめんなさい。
ただ、僕のブログにわざわざコメントを投げかけてくれたのだから、それには答えるべきだと思う。
売り言葉に買い言葉じゃなくて、率直な気持ちを。

***
・大人気(おとなげ)
今回の振る舞いが大人気ないのは自覚してる。あるいは大人気がないことを演じている部分がある。
でも、ゲーム実況のあり方を考えるために意味があるんだと思うからやってみた(余計なお世話か)。
僕はゲーム実況界にとって外野なんだから黙ってろっていう意見があるが、
そうなのかな? だって、誰かがが作ったゲームをみんなは実況しているんだよ。
ゲームがなくなったら、クリエイターも実況もすべてなくなる。
ゲームそのものがいつかなくなる。
あらゆる事物はすべてなくなるんだから。
それは明日かもしれないし、1000年先かもしれないけど。
僕はポンペイに行ってそれを感じた。だから、黙らずに言葉を発する必要があると思ってる。
それは、僕がゲームと出会い人生が変わったからだ。

・盛り上がっている 
不当な物言いに対して異議を唱えただけ。
えどふみさんの発言にアタマには来たことは事実。
チャットでは、感情にまかせて調子にのったのも事実。
そういう感情と、それに基づく行為はけして楽しいものではない。
ゴミカスなどの言い方に品性がない、という批判には甘んじる。
それを傲慢だと批判するのはみんなの自由だ。

・僕が一番ルーツくんに迷惑をかけている 
そうなの? それだったらルーツくんには謝りたい。
でも、いまのところルーツ君からはそうは言われていない。
君がルーツ君とどうか(同化)していているのだったら、僕もパフュームにどうか(同化)してるから、その心情は理解出来なくもない。
でも「迷惑かけてるぞ」じゃなくて「迷惑かけてるかもしれないから、確認してみてらどうだ?」って言うべきだよ。だって、ルーツ君が迷惑してなかったら、君がルーツ君に迷惑かけることになるんだよ。

・言い訳は無理がある
あの場で色々言ったのはRevinさんと僕であり、B-TEAMではない。Rebvinさん(なぜかRevinには「さん」付けしてしまうw)はB-TEAMの一員だけど、あの場での発言はあくまでも個人のものだ。
言い訳をしているつもりはない。
でも、これって詭弁だと思う?

・心証悪くなるな
そうですか。そう思うのはいいけれど、心証ってのはどういう意味だろうか? 
君の心証を悪くすることは、してはいけないという意味なのか? 
あるいは善意のアドバイス? 
僕自信の心証ってのは僕にはどうしようもない。みんなの印象をコントロールすることなんて無理だもん。
でも、世の中には心証をよくしようとして、取り繕うやつらが大勢いる。
心の底では舌を出しているのにね。
そういうのは醜いと思う。

***
以上です。ここまで書いておいてアレだけど、みんなが書き込んでくれた言葉のおかげで、僕は色々と考えることが出来るし、悩むことが出来る。
それはすごくゲーム作家である僕にとって有意義な事だ。
ありがとう。
忠告として書いてくれた人には申し訳ないけど、あえて「言葉」を切り出して答えてみた。
またつきあってくれたらうれしい。

どんな内容であれ、このブログにコメントがつくのが好きです。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-28 06:36 | 飯田和敏・記 | Comments(27)


戦争はまだだった!

一部の人にしかわからない話ですんません。
実況動画の騒動が飛び火して僕が風邪を引いて熱があります。

えどふみとB-TEAMはまったく戦争をしていませんでした。
では、戦争をしたがっているのは誰か? それは僕かもです。

なので、戦争に関しては、えどふみと※。飯田和敏と※。えどふみと飯田和敏と*。
僕だって戦争がしたいわけじゃありませんでした。
えどふみさんは業者なんですから、僕の問い合わせに答えてください。なる早で。
明日は燃えるゴミの日なので、これからゴミを出しに行ってきますから。

※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません※B-TEAMとは関係ありません
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-28 02:51 | 飯田和敏・記 | Comments(20)


wiiショッピングチャンネル

って最高だな。
サイコーを求めているな。
サイコパスも止めているな、きっと。同意同意。
だって、「はらぺこあおむし」や「ディシプリン」をダウンロードしたりすることが出来るのだから!
誰得!?

ダウンロードする前にいろいろなことを調べたい慎重派のあなたは以下のサイトを参考に巡回したらよいです。
ただし、実況動画を見るのはキケン。
動画そのものがおもしろすぎるので、そこで満足されたらまさに、誰得!?
そのへんのきわきわ感が、まかせて安心のプロ実況者とはひと味違う。
リスクを背負ってこそ、遊びが真剣になるってもんだ。そう思います。

どんなゲームか知りたい方はこちらをどーぞ。

■公式(病気じゃないぞ!)
http://www.mmv.co.jp/special/game/wiiware/discipline/index.html

■フキダシの研究(ゲームキャラが実況者につっこむという新展開あり)
http://circle.zoome.jp/dis/media_list?media_type=movie

■ニコニコ動画(「コメうざい」という自己言及コメントにぐっときた! まだまだイケてるよな)
http://www.nicovideo.jp/mylist/14278602

***
さて、プロ実況者という業者(?)はおもしろ実況動画だけじゃなくて、けんかまで売ってくれる事を知った。
さすがプロだ! 立派だ! 他に売ってるものはなんだろう?
それを買いたい。おいくらですか? 

今朝、HPにメールを出したんだが、返事がまだ。
その対応の遅さはまったくプロらしからぬと思います。
大至急、見積もりをください。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-27 22:08 | 飯田和敏・記 | Comments(9)


贖罪の日スペシャル

もう、ダウンロードはしたかい?
本日はスペシャルな日だから生放送します。
みんなのもやもやをもっともやもやに解消しますよ!
特別ゲストもいっぱい来るです。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv3197434
http://live.nicovideo.jp/gate/lv3300314
http://live.nicovideo.jp/gate/lv3300372
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2009-08-25 05:18 | 飯田和敏・記 | Comments(19)


SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE/ ARANGED by POLYGON INUKAI