<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 


どうかP

アコギ+DJという編成で練習をしています。

a0016659_12273028.jpg

[PR]

  by kazutoshi_iida | 2010-03-26 15:41 | 飯田和敏・記 | Comments(0)


夜のゲーム大学

「夜のゲーム大学4」で僕がやる授業は「世界一寝たい授業/西暦2000年分の反省/それから」です。
昨年秋にちょっとした事件になってしまったある問題について。
僕たち現場の人間(僕、学生、学校)はそれをどう収拾させたのか、そのあらましをきちんと報告します。
何をどう反省し、それをどう教訓とし、この後どうしていくのか。

われわれは明日のジョーではない。

そして歌も歌う。全員合唱するまでうだうがら!
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2010-03-23 13:18 | 飯田和敏・記 | Comments(0)


告知2

「夜のゲーム大学4」開催決定!
444で当てにいきます。

日時:4月4日(日)。開場18:30 開演19:00
場所:阿佐ヶ谷ロフトA。

大好評「夜のゲーム大学」第四弾。今回はついに「ゲーム製作のキモ」というド真ん中のテーマでエンタテインメントな授業を披露。ゲームと音楽を一緒に作り、ゲームをその場で生みだし、ゲームを実際にプレイする。ボードゲーム「すごろくや」店長も乱入! ゲーム製作のキモを、現役のゲーム作家が授業する。授業っても、研究発表みたいな退屈な授業はやらない。授業そのものがゲームであり、エンタテインメントショーだ! ぜひっ。

【出演】
麻野一哉(ゲーム作家/慶応大学日本語日本文化センター非常勤講師)
代表作『銃声とダイアモンド』『トルネコの大冒険』『かまいたちの夜』等

飯田和敏(ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授)、
代表作『ディシプリン*帝国の誕生』『アクアノートの休日』『巨人のドシン』等

米光一成 (ゲーム作家/立命館大学映像学部教授)
代表作『ぷよぷよ』『BAROQUE』『キングオブワンズ』等

三人の共著に『ベストセラー本ゲーム化会議』(原書房)『日本文学ふいんき語り』(双葉社)『スピンドル式 鍛えない脳』(しょういん) 『恋愛小説ふいんき語り』(ポプラ社)がある。


前売チケットはローソンチケット【L:35487】にて3月1日より発売開始!
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2010-03-23 12:35 | 飯田和敏・記 | Comments(0)


告知1

≪東京国際アニメフェア2010 シンポジウム≫

■変容するコンテンツ文化とクリエイター
-進化するアニメ、ゲーム、ノベルの可能性-

日時:03月25日(木) 10:30 - 12:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
607・608会議室(シンポジウム)
主催:コンテンツ文化史学会

内容
「コンテンツ文化史学会」は、多様なコンテンツを「文化史」という枠組みを用いて包括的に研究していこうという趣旨のもと、2009 年に設立された全く新しい学会です。本シンポジウムでは、2000年代に入り、メディアの革新的な進化によってコンテンツ制作を取り巻く環境が急速な変化を強いられている現状において、それらを巧みに使いこなす先鋭的なコンテンツクリエイターをお招きし、自らを取り巻く制作環境の変遷や創作活動の源泉をお聞きした上で、今後のコンテンツ文化発展の可能性や方向性について議論します。

【出演予定者】
●吉田正高
(コンテンツ文化史学会会長/東北芸術工科大学准教授)
●玉井建也
(コンテンツ文化史学会編集委員/東京大学特任研究員)
●飯田和敏(ゲーム作家)
代表作:『巨人のドシン』、『ディシプリン *帝国の誕生』など
●今井哲也(漫画家)
代表作:「ハックス」[『月刊アフタヌーン』連載中]など
●本田 透(作家、評論家)
代表作:『電波男』、『アーサー帝戦記』など

※東京国際アニメフェアの該当ページは下記のとおりです

http://www.tokyoanime.jp/event/view_symposium.php?id=10&time_id=1

↑こちらから事前にお申し込みください!
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2010-03-23 10:09 | 飯田和敏・記 | Comments(0)


打ち合わせの夜のあとの朝

昨夜した打ち合わせのひとつは「夜のゲーム大学4」についてだった。
麻野さん米光さん+SPGのみなさんと。
4月4日(日)、LOFT Aにての開催が決定していて、
各々の演目について相談した(相談にのってもらった)。
僕は2つほどやりたいことがあったのだが、どちらかと言えばしんどい方のプログラムをすることになった。
ある出来事の「それから」(元ネタあり)についてだ。
自分の行為を顧みて、それが一体どのような意味をもつものだったのか、主観と客観を行き来しながら検証しなければいけない。それは無邪気さとの決別である。
何を失敗したのか、責任とは何か。よかったことは?
様々な思いが渦巻いて。今からしんどさが満点だ。
題して「西暦2000年分の反省」(元ネタあり)。
果たして、これがゲームエンタテイメント・イベントになりうるのか?
しかし「夜のゲーム大学」でしか語りようがない内容だ。

ローソンチケットで扱いがある予定です。
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2010-03-09 12:26 | 飯田和敏・記 | Comments(0)


ディシプリン関係の記事2つ

アップされました。
これにてディシプリンの記事関係は一旦終了だと思う。
まだmixiアプリ待機中だったり、文庫化が予定されていたりと動きはありますが。

えーっと、ニコニコ動画をめぐって、もめまくったりもしたみんなが最後の最後に仲良く飯食ってるというウソのようなマコト。
みなさんおつかれ! するめいか!

次なるはっぴーえんどをどんどん目指していこう!

■実況野郎B-TEAM「たろたろかとお~ず」http://webmagazine.gentosha.co.jp/B-TEAM/vol220_tarokato.html 

■ガジェット通信「天才・最後の晩餐」http://getnews.jp/archives/49375
[PR]

  by kazutoshi_iida | 2010-03-02 19:25 | 飯田和敏・記 | Comments(0)


SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE/ ARANGED by POLYGON INUKAI